« 2010年5月 | トップページ

2010年6月

なかさんちょからも皆さんの善意をお願いします

 倉敷市のまだまだ小さな子(きなちゃん)を皆さんの善意で助けてあげてください

 今日の昼、よく行く中華そば屋「いではら」に貼ってあった紙を見て

 どーにもほっとけなくなりました

Photo

きなちゃんの病気は、拡張型心筋症の中の心筋緻密化障害というものです。この病気は、心臓の筋肉が衰え、ゴム風船のように大きくなり、ポンプの役割を果たせなくなる原因不明で進行性の恐ろしい病気です。
 きなちゃんは生後7カ月の頃に緊急入院し、ICUでの管理のもと、心臓の負担を緩和させるための内科的治療が行われてきましたが、医師の懸命の努力にもかかわらず、症状は日々進行しています。唯一助かる手段は
心臓移植しかありません。

きなちゃんは,倉敷中央病院の医師を通じて、米国カリフォルニア州のロマリンダ大学病院から受け入れて頂くことができました。しかし,渡航費、心臓移植手術費、滞在治療費など、その費用は1億5千万円という莫大な金額で,とても個人で負担できるものではありません。きなちゃんを助けたい、元気な姿を見たいという一途な気持ちで両親は海外移植を決意しました。そこで私たちは,きなちゃんの両親の友人として「きなちゃんを救う会」を結成し募金活動を開始することにしました。

きなちゃんは今まで危篤状態を繰り返しましたが、今でも懸命に生きようとしています。きなちゃんが1日でも早く海外へ渡航できるよう,皆様の温かいご支援,ご協力を心よりよろしくお願いいたします。

とゆーことです

このことをブログに書かせてもらうとゆーことは

もちろんなかさんちょも少ないですが募金させていただきます

http://kina.kids.coocan.jp

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2010年5月 | トップページ